教会挨拶

 

 

 金山家庭教会ホームページにアクセスして頂きありがとうございます。

 統一教会創始者であり、人類のメシヤ、真の父母であられる文鮮

 明先生は原理講論を通してこのように語っています。

 「人間は、何人といえども、不幸を退けて幸福を追い求め、それを得ようともがいている。個人のささいな出来事から、歴史を左右する重大な問題に至るまで、すべては結局のところ、等しく、幸福になろうとする生の表現にほかならないのである。それでは、幸福はいかにしたら得られるのであろうか。人間はだれでも、自己の欲望が満たされるとき、幸福を感ずるのである。しかし欲望などといえば、ややもすると我々はその本意を取り違えがちである。というのは、その欲望が概して善よりは悪の方に傾きやすい生活環境の中に、我々は生きているからである。しかしながら、我々をして不義を実らせるような欲望は、決して人間の本心からわき出づるものではない。人間の本心は、このような欲望が自分自身を不幸に陥れるものであるということをよく知っているので、悪に向かおうとする欲望を退け、善を指向する欲望に従って、本心の喜ぶ幸福を得ようと必死の努力を傾けているのである。これこそ正に、死の暗闇を押しのけて、命の光を探し求めながら、つらく、険しい人の道を彷徨する偽らざる人生の姿なのである。」

と語られています。

我々、金山家庭教会におきましては原理を中心とした勉強しながら、個人、家庭、国家の幸福と平和な世界を成すために活動しています。

ホームページを訪ねて下さりました皆様に感謝致します。

気軽に金山家庭教会にお立ち寄り下さい。

 

▲TOP